看護師求人の必要性について

???? Vol.7 ??????????看護師求人の必要性については、さまざまな意見があります。それは、全国的にみてどこの医療施設においても、慢性的な看護師不足が問題だからです。では、なぜ、看護師が不足するといけないかというと、日本は少子高齢化社会が非常に問題になっています。高齢化が進むと、おのずと医療にニーズが高まります。医療をうけたい方は増加していくにもかかわらず、医療を提供する、もしくは、医療ケアをささえる看護師の不足は、現在看護師として勤務している一人ひとりの負担が増えるだけでなく、負担が増加すれば、離職につながるという負の連鎖が発生するからです。


そのため、看護師求人の必要性が考えられるわけです。また、看護師の離職については、新人看護師の多い傾向があります。看護師は、看護師免許を取得したからといって一人前とはいえません。看護師として、さまざまな経験をつみ看護師として成長していきます。しかし、新人看護師の離職は、人材育成につながらず結果として看護師不足の解消にはつながりません。ですので、看護師求人の必要性を考えたときに、離職した分を新人採用として補充することだけを検討するのではなく、主食した看護師をいかにして一人前に成長させるか、また、働く看護師が、いかに離職することなく、定着していくように環境を整えるかを同時に検討していく必要があります。看護師の働きやすい職場とはをテーマにすると、非常に難しいかもしれませんが、業務改善や人間関係の改善など、できるところから取り組んでいきたいものです。