求人状況の把握方法

看護師求人状況をみるためには、先ずはインターネットを利用して情報を収集することが必要です。また看護師求人状況を把握するためには、地域密着で細かい情報が集まるサイトを利用することが必要になります。看護師求人状況としては、一般的にいうとどこの医療機関でも看護師の確保に苦労をしている状況にあります。このように看護師不足の状況は今後もしばらくは続くことが予測されています。


看護師求人としては、売り手市場であり就職率はほぼ100パーセントに近いことが特徴になっています。このように看護師の転職市場においては、有効求人倍率が高止まりをしている状況にあります。看護師の場合では、年間を通じて高い有効求人倍率になっていることが特徴です。他の業種では、季節によって求人状況には変化があり、一般的に人の入れ替わりが多くなるのが決算後やボーナス後になることが特徴です。有効求人倍率が高いのが、看護師をはじめとした職種の他、医療や福祉関連の職種になります。この傾向は今後も続くことが予想されています。特に看護師や医師、保健師、助産師、生活衛生サービス等には多くの求人が集まる傾向にあります。これからの高齢化社会の進展を考慮すると、看護師や、医師、介護関連の人材の確保は社会的にも重要な課題点になってきています。一部では外国からの看護師の受け入れなどの動きも出てきていますが、今後は看護師の再就職支援などもより重要になってきています。